堀米町の平屋住宅

南面大開口と勾配天井の平屋住宅
大きな敷地を有効に使い、左右対称のボリューム構成とした力強くモダンな住宅です。
一室になったLDK空間の南面は6mを超える窓に、室内は高い勾配天井になっています。大人数のパーティーが催せるなど、人が集える魅力的な空間です。
また、工務店オリジナルの温熱環境システムで、夏は涼しく冬は暖かい省エネ住宅です。

場  所 栃木県佐野市堀米町
用  途 専用住宅
時  期 2015年3月~2016年6月
工  法 木造在来軸組み工法
規  模 平屋建て
敷地面積 929.81㎡
面  積 94.19㎡
工事請負 坂下工務店(佐野市中町)

○その他関連記事

ブログ掲載記事へ

■ シンメトリーの平屋 シンプルな切妻の建物にLDK空間の片流れ屋根の箱をを差し込んだ、シンメトリーな外観デザインです。

■ 大開口 南へ向けた開放的な窓により、外部とのつながりを心地良く感じる空間です。

■ 風や光が抜ける空間 風・光が抜ける空間です。南北勾配になった天井はこの住宅の中心です。
リビング空間には、南北の風、高窓からやらわかい光が届きます。

■ 温熱環境 高気密高断熱住宅です。相当隙間面積 C値=0.4cm2/m2、窓はLow-eガラス仕様

■ 空間構成 中心にLDKを据え、西にプライベートな空間と東に水周りを計画したシンプルな平面構成になっています。